So-net無料ブログ作成

音楽と髭達 [音楽]

今頃なんなんですが・・・

9月3日(土)に、『音楽と髭達』という野外イベントに行ってきました。

う~んやっぱり音楽って素晴らしい!

大音量にどっぷり浸っているだけで、なんであれだけ楽しくって幸せな気分になれるんですかね。

そんなわけで、ライブレポ。

まずは、出演アーティスト。出番順に。

木村カエラ、FLOW、AIR、HIGH and MIGHTY COLOR、PUFFY、SOURCE、大塚 愛、山嵐、POSSIBILITY、nobodyknows+、ORANGE RANGE、D51、

そしてDragon Ash。以上13組。けっこう豪華。

この日の開演は13時からで、1時間前には会場に到着したのですが、着いたら入場待ちの長~い行列が出来ていて、結局木村カエラのオープニングに間に合わず・・・ 途中からになってしまいました。3曲目くらいから聞けたのかな。

木村カエラちゃん、顔に似合わず声が野太いですね でもすごく、ミュージシャン気質を感じました。これからどんどんビックになっていってほしいな。

 FLOW、彼らの曲はすごく気持ちがいい。メンバーみんな歌が上手!FLOWは前から生で見てみたいと思っていたので、すごく良かったですね。期待を裏切らなかった。名前はわからないんだけど、ひげにスキンヘッドの彼。彼の声が大好きなんですよね~シビレマシタ。

AIR、初めて聞いたんですけど、誰ですか・・・?(失礼) 生で聞くより先に、音源で聞けてたらもっと違う印象だったのかも知れないけれど、どうも、私的にはダメでしたね・・・ごめんなさい、AIRさん。

HIGH and MIGHTY COLOR、略してハイカラ!って、本人たちが言ってました。(笑)女の子のボーカルと、男性ラッパーというちょっと珍しいグループですね。MCとかも、ちょっと慣れてない感じで、初々しかった。

そして、PUFFY。いきなりのっけから、ん?音程外してる???さすがです、PUFFYさん。でもやっぱり彼女ら独特の空気感と、誰もが知ってるヒット曲、みんな大盛り上がりでしたね。由美ちゃん亜美ちゃんの前後前後も見れたしね!ミーハー気分で楽しんじゃいました。

SOURCE、ごめんなさい。1回目のトイレ休憩とさせていただきました。なんせ人が多いもんで、トイレも行って帰ってくると30分近く経っちゃって、1曲も聞けませんでした

そして、大塚愛。実は私、彼女がちょっと苦手でして・・・生でライブ見たら好きになるかな~と、少し期待していたのですが、やっぱりダメでした・・・。なんと言いますか、その~、表現する言葉がむずかしいんですが・・・、ま、いっか。(逃げたっ)

山嵐、この辺りから雲行きが怪しくなってきて、急遽雨合羽を買うためステージを離れたため、聞けませんでした。

POSSIBILITY・・・聞いたはずなんですけど、記憶がありませんまぁ、私ももう年なんで、そんなこともあるってことでおか~しい~なぁ~

nobodyknows+、彼らがこんなに人気があるとは知りませんでした。(すまんっ) 今回の野外特設ステージの客席は前方がスタンディング、通路を挟んで後ろ側はレジャーシートOKという2wayな客席だったんですけど、ふと見回すと、前も後ろも総立ちでノリノリになってましたね!でもそれもうなずけるくらい楽しいステージでした!何より彼ら自身が楽しそうなので、それが良かったのかな。nobodyサイコー!

そして、ORANGE RANGE。彼らのステージが盛り上がったことは言うまでもないでしょう。今が旬な人たちですから。タオルもグルングルン、客席見てても楽しかったっす。バラードを一曲もやらなかったのがちょっと残念だったかな。ラヴパレード聞きたかった。

D51、見てました、見てました、ごくせん それはそれは盛り上がりましたよ!会場全体が。NO MORE CRY以外に彼らが何歌ったか思い出せないくらい年甲斐もなく、はっちゃけちゃいました。

満を辞してDragon Ashの登場。かろうじてもっていた空も、とうとう雨が降り出しました。良かった、雨合羽買っといて。この頃長岡では大雨警報が出ていたらしいです。会場のあった長岡越後丘陵公園以外の場所ではもっと雨がザーザーだったらしい・・・そんなことはさておき!いや~、やられました。Dragon Ash。っていうか降谷健志。どうやられたかというと・・・かっこよかった。ミュージシャンっていうものは、自分に酔っている人も多いもの。ライブ中は特に。でも、降谷健志は違った!彼はライブ中ずーっと客席を見据えている。そして時折ふっと微笑むのである。愛ある眼差しで。「あ、この人は今ここで歌っていることが本当に幸せなんだな」と感じて、こっちまで嬉しい気持ちになった。ライブって、どちらかというと観客のほうが「あなたのライブを見れて幸せ」という気持ちをぶつける場という感じがしてたんだけど、降谷健志の場合は「オレはお前らの前で歌えて幸せだ」という感じを強く受けました。こんなライブは初めてだったなぁ・・・。

大好きになりました、Dragon Ash

最後には打ち上げ花火。

夏の終わりにすごくいい思い出が出来ました。やっぱ音楽ってサイコー


nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(1) 
共通テーマ:音楽

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。